think about the Doctor非常勤医師と転職について考える

医師の仕事スタイルを知っていますか?

医師転職の背景

昔は子供の数が多い事も影響しているのもあるかもしれませんが、産婦人科や小児科などは今よりも充実していた様な気がします。この様な診療科で働く医師は非常に過酷な職場環境という事も珍しくありません。

母親と大事な子供も命がかかっています。非常に責任が大きい仕事であると言えるでしょう。あまりの大変さのために、医師転職をしてしまう人もいる様です。

しかし、この様な事が医師不足を更に深刻なものにし、もっと大変な状況で仕事をしないといけなくなってしまいます。残された医師までも転職してしまう事もあります。

また、訴訟などに発展してしまう事もあり、かなりの重圧に耐えながら仕事をしている様です。

経験豊富な人が医師転職をするメリットは多い

経験豊富な人が医師転職をすると即戦力となる、高い給料がもらえる、やりがいを感じるなどのメリットがあります。

医師転職の際は、以前いた病院での経歴を書いた履歴書を渡すと面接官の反応が良くなります。経験豊富なことから、病院では即戦力となり第一線で働くことができます。仕事時間が長くなったり、難しい手術などもこなす場面もあるので、その時は高い給料がもらえます。

患者を一手に引き受けて、次々と治療していくことになるため、医師転職をすることでやりがいを感じるはずです。ただ、働き過ぎると身体によくないので、休める時は休んだ方がいいでしょう。

サラリーマンを辞めて医師転職サイトから就職先を探す

大学を卒業して一般企業に就職してサラリーマンとして働いている人の中には、医師に転職をしたいと考えている人もいます。ただ医師になるには大学に入って勉強して卒業後国家試験を受けて合格しなければならないのでとても大変ですが、それでも医師を目指して会社を辞めて大学に再入学する人がけっこういます。

しかし晴れて医師免許を取得してもなかなか就職先が決まらないこともありますが、その場合には医師転職サイトを利用するのも一つの方法です。医師転職サイトに登録すると専門のアドバイザーが付いてくれて様々な悩みに対応してくれるので、なかなか就職先が決まらない場合にはこのようなサイトを利用するのが良いです。

小児科の医師転職に必要な資格

小児科の医師転職に必要な資格は医師免許で、この資格がなければ絶対に働くことができないので注意する必要があります。しかし医師免許を取得するには大学の医学部に入りそこで一生懸命勉強して卒業後に国家試験を受けなければならないので、他業種からこの仕事に就くのはとても大変です。

それでも中には一から勉強し直して医師の資格を取得する人もいるので、絶対に医師として働きたいと考えている人は頑張ってみるのも良いです。ただ他の診療科で働いていた医師がこの診療科で働くのは基本的にはできますが、アピールをすると言う意味では小児科専門医の資格を取得してからこの診療科に医師転職をした方が利点が大きいです。

エージェントを使用すると医師転職は不利?

実は医師転職エージェントは企業との結びつきが非常に強く、企業から依頼されて人材を探しているような所も現在は沢山あります。その場合には企業がお金を払って人を探してもらうことになります。

そういった中で医師転職をすると、そのマージンの分採用されにくいのではと思ってしまいがちですが、そんなことはなく、企業は企業でお金を支払ってでもきちんとした、長く勤めてくれる人を探しています。

エージェントから紹介された人であればその信頼度が上がってきますので、使用することによる採用の不利、有利には全く関係ありません。むしろ一般募集よりも信頼度が高い所から始まりますので医師転職の際には有利と言えるでしょう。

医師転職の求人サイトやエージェント

医師転職についてですが、医師の世界は他の業種と違い、医療という分野に特化しているため比較的狭い世界とも言われています。その為、他の転職を考えている医師よりも迅速に情報を集める必要があります。

ですが勤務しながら自身で求人情報を集めるのは大変です。その様な時に転職をサポートしてくれる代理人がいるだけで、仕事に集中しつつ同時進行で効率的・効果的に転職できる可能性がアップします。

医師に特化した転職サイトなどであれば、希望にぴったりの求人紹介を受けることが出来るでしょう。また、希望に合う求人がなかった場合も、代理人であるエージェントが医療機関や企業に交渉してくれることもしばしばあるようです。

医師転職に関する情報

トップへ戻る