think about the Doctor非常勤医師と転職について考える

医師の仕事スタイルを知っていますか?

医師求人アルバイトの広告

医師求人の広告は多くの病院で常に張り出されていると言っても過言ではありません。そのような中で医師転職の医師求人はどのような形が良いのでしょうか。

多くの病院で医師募集を行なっている以上、求職者はほとんど自由に病院を選べるため、何か魅力のある病院でなければたとえ医師求人を出したからと言ってなかなか集まらないのが現状ではないでしょうか。

しかし人が転職を考える理由は地元へのUターン、スキルアップ、福利厚生の充実、給料のアップが大部分の要因です。医者もおそらく同じでしょう。そのため医者に向けての求人を出す場合においても、誇大広告はせずに、医師転職者に求人内容と話が違うと感じさせないことが大切です。

最近は、M3(エムスリー)に代表されるような、看護師の求人、医師の転職情報を掲載したサイトが増えてきております。病院などに医師の情報を紹介するのが仕事みたいです。根本には医師不足という状況があり、地域によってはかなり深刻で、医師求人は非常に大きな問題なのです。

クリニックの医師求人について

医師求人は世の中にたくさんあります。医師の仕事は無くなることはありませんので、選びたい放題です。

クリニックの医師求人は随時募集されています。各クリニックに貼り出してあったり、ホームページで募集されていたりします。病院によって給料や福利厚生は違っていますので、よく調べてから選ぶといいでしょう。

医師求人を選ぶときに重視したいポイントは、働きやすい職場であることです。実際に働いてみないとわからないものですが、病院の雰囲気でだいたいわかります。気になる病院があれば一度受診してみたり、足を運んでみるのもいいでしょう。

医師求人で病棟管理の仕事

医師求人で病棟管理の仕事に採用されると、やりがいを感じやすい、給与が良いなどの長所が期待できます。

病棟管理の仕事は主に入院患者の容体をチェックすることです。患者達の体調管理に力を尽くすことから、患者とコミュニケーションをとることが多く、いつも有難うと声をかけられる機会もあるでしょう。そのため、自然とやりがいを感じられる仕事なのではないでしょうか。

最初は医師求人の際の下限が給料ですが、働きを認められると、一気に給料が上昇します。そのため、頑張って働き続ければ、家を建てられるほどのお金も貯められるのではないでしょうか。数年から10年は必要ですが、毎日働いて入れば時間はすぐに過ぎていきます。人生設計のしやすい仕事です。

転職をしようかと考えている方や将来について不安を感じている方などは、病棟管理の医師求人について注目してみてはどうでしょうか。

泌尿器科の医師求人に必要な資格

2014年の泌尿器科の医師数は4790人です。医師全体の平均年齢が2004年から2014年の10年で1.5歳増えているのに対し、泌尿器科医の平均年齢は4.0歳も上がっていて、高齢化のスピードが速いようです。したがって、医師求人は若手や40歳前後を望んでいるケースが多いでしょう。

医師求人に応募する際は、専門医や指導医の資格がある方が有利です。指導医資格が有ると、雇われ院長に抜擢や診療科部長に抜擢などもありえる話です。

それ以外にも、規模の大きな病院の医師求人の場合は、腹腔鏡手術認定医やがん治療認定医も有利です。まだまだ所有している医療機関は少ないですが、ロボット支援手術プロクター認定医の資格も有利になるでしょう。

医師求人は多くあります

現在では、医師不足が深刻化しているので、多くの病院やクリニックでは、医師求人を行っています。特に地方の病院では、医師不足が顕著で、一人の医師に重労働をさせている病院が多いです。

病院側も対策として、ネットを利用し医師求人を行う事で、一人でも多くの医師を確保しようとしています。ネットであれば、一度に多くの医師に閲覧してもらうことが出来ますし、労働条件を紙媒体より詳しく記載することで、今まで働けていなかった医師に、再度働いてもらおうとしています。

多くの病院やクリニックがネットを利用し、医師を確保しているのが現状です。

セカンドワークとして活用できる医師求人サイト

非常勤のスポット求人をお探しですか。指定された日時でその日だけの勤務ですが、その日の予定が空いていれば収入が得られる、まさに副収入を得たい常勤医師におすすめのワークスタイルです。

診療や、学校や企業の健康診断など、一日限定の医師求人がおこなわれています。エージェント会社の中には、あらかじめ仕事をいれたい希望日を登録し、タイムリーな仕事があれば紹介してくれるシステムもあるようです。

また開業医をされている医師も、休診日を利用した勤務が可能となりますから、無理のないセカンドワークとして取り組んでみてはいかがでしょうか。

医師求人、募集に関する情報

トップへ戻る