think about the Doctor非常勤医師と転職について考える

医師の仕事スタイルを知っていますか?

医師転職

新卒でこれから医師としてデビューするという人と、医師としての経験もある程度はあり医師転職を目指しているという医師とでは、求人を見る時に、注目するポイントが異なる場合もある様です。新卒の場合は理想や希望を元に選ぶ人もいるみたいです。

また、医師転職をする人は、働いてきた経験の中の困った事などや、更に改善したい事などをふまえて求人を選ぶ事もある様です。どの病院に応募するか、を決定する事はきっと難しい事だろうと思います。

仕事をして、ある程度の年月が過ぎないと、本当に自分にとって適した職場であるのかどうか、という事は分からない事もあるでしょう。一部の情報しかない状況で決定するのは難しいですね。

医師の地域格差などは、医師転職などにより、よりスムーズに改善されて欲しいものです。また、同時に医師のやりがいなどが充実できればなおいいでしょう。

耳鼻咽喉科を目指す医師転職の条件について

耳鼻咽喉科を目指す医師転職においては、応募にあたっての条件があります。耳、鼻内外の状態を理解していることはもちろんのこと、気道、食道、甲状腺に至るまで、連動する様々な部位に及ぼす影響を、患者の容態から、見逃すことなく適切な処置ができなければなりません。

それぞれの部位が、アレルギーの発症要因になっていることもありますので、更に耳鼻咽喉科としての所掌範囲は広くなります。食事の摂り方、声帯のいたわり方といった日常生活面での注意点についても適切な指導が求められます。専門分野を超越した人材が求められています。

エリアを考慮した医師転職について

医師転職にあたっては、医療機関が管轄するエリアについても考慮に入れておく必要があります。過疎地や人口の少ない地域に、医療の手を伸ばすために、あえてそれらの地域を選ぶことがあれば、都市部などの人口の密集する地域で、できるだけ多くの人に医療行為を提供しようとする場合もあります。

それぞれの患者への対応には何ら違いはありませんが、患者数が少ない分だけ、一人に費やす診察時間にはゆとりが得られます。いずれの場合も、患者との触れ合いを大切にする姿勢を変えることなく、思いやりを持って医師転職に臨むことが大切になります。

なるべく当直しないで済む医師転職とは

かつては病院の夜間勤務というと、研修医やなりたての新人医師などの若手が勤めていたものですが、やはり緊急事態が発生した際に研修医だけしかいないという状況だと助かる命も助からない、という当たり前のことに遅ればせながら気付いたのか、2004年に厚生労働省によって研修医の当直アルバイトを禁じる法律が制定されました。

その結果、ベテランも含めて勤務医が交代で夜間当番医を務め、足りない分をアルバイト医でまかなう現在の形になったわけですが、それが原因で医師転職を考える人も当然多くなりました。

では、当直がない、もしくは比較的少なくて済む医師転職を実現できるのは一体どのような医療機関なのかといいますと、救急対応のないクリニックや診療所などに多く見られ、また、専門診療病院の場合でも夜間勤務がほとんどないところもあります。

泌尿器科系の医師転職のコツをつかもう

泌尿器科系の医師求人は、さほど高度な技術が要求されないことはもちろん、勤務時間が一定であること等から、世代を問わず多くの求職者から支持が集まっています。最近では、医師転職のタイミングを計ろうとする人が少なくありませんが、希望通りの条件が設定されている医療機関の最新の業務内容や診療方針などを理解することが良いでしょう。

また、医師転職のコツをつかむためには、医療分野に関する数々の経験が必要となることがありますが、色々なタイプの治療が行われている病院や診療所の最新の取り組みに目を通しておくことが大事です。

医師転職エージェントとのやりとりについて

医師転職エージェントに登録すれば、そこのスタッフより医師求人を紹介されて、医師転職が可能です。

具体的なやりとりとしては、まず、どの求人に応募するのかを話しして、応募する求人が決まった場合には医師転職エージェントを通して応募することになります。そのあと、書類選考を通った場合にはスタッフより連絡があり、面接の日時の調整をスタッフを通して行います。そして、面接を受けた結果はもちろんスタッフより聞くこととなり、面接で合格の場合には、本人次第となりますが、給料の交渉をスタッフを通してしてもらうことができるのです。

医師転職の方法について

医師転職は医師の求人と同様に、医師専用の転職サイトが存在します。そのため、一般的な転職方法とほとんど変わらず転職サイトで自分の希望を入力することで、その希望とマッチする病院などを見つけることが可能となっています。

また単純に現在の病院から違う病院に移るという転職以外にも、「産業医」、「メディカルドクター」、「在宅医」など今までの働き方から一歩踏み出してキャリアチェンジすることも可能です。結婚・妊娠などにより変化する「女性ドクター」のキャリア形成や産後の復帰などの情報・体験談なども紹介してくれます。

医師転職サイトを利用した方がいい理由

医師転職を考えている人にまず見てもらいたいのが転職サイトです。なぜ転職サイトが便利なのかというと誰かに縛られることなく自分の思うままに活動でき、自分が調べたい時に調べたい内容を得ることができるためです。

また今では様々なジャンルや希望項目に最初から絞られてサイトが作成されていることが多いため、あらかじめ自分の希望に沿ったサイトの中から探すことができます。また誰かを介すということがないため、スケジュールなども自分の仕事の状況に応じて進めることができます。基本的には登録、申し込みは無料のものがほとんどですので費用もかけることなく幅広い選択肢の中からより自分に合った新しい職場を探すことができます。

産業医の医師転職を考えているなら

産業医として働いており、医師転職を考えているのであれば次はどういった風に働きたいのかを一度しっかり考えてみることが大切です。

医師自体、特殊なお仕事ですがその中でも産業医はさらに特殊なお仕事です。そういった仕事を今後も別の環境で続けていきたいのか、それとも、新しく、今度は病院勤務をしたいのか、病院勤務だったとしても、大学病院なのか、町病院なのか…選択肢は沢山あります。ただがむしゃらに転職を考えていても、今よりいい環境に辿りつけると限りません。

医師転職成功の一番のポイントは自分の意思です。そこがはっきりしていないと難しいかもしれません。

医師転職に関する情報

トップへ戻る