think about the Doctor非常勤医師と転職について考える

医師の仕事スタイルを知っていますか?

医師バイトの日給について

医師バイトの日給は、それぞれの勤務先の人事の制度によって、大きなバラつきが出ることがあるため、納得のゆくまで担当者と相談をすることが重要となります。また、人気の高い医師バイトの働き方に関しては、素人にとってすぐに判断をすることが難しいことが分かっています。

そこで、実際に医師バイトとして働いたことがある人から直にアドバイスを受けることによって、将来的な不安を解消することが可能です。その他、日給が高めに設定されている病院やクリニックのメリットやデメリットを比較することで、何時でも落ち着いて行動をすることが良いでしょう。

医師バイトとは?スポット・定期的バイト募集

医師バイトには雇用形態が大まかに2つあります。

・救急病院やサポート人員として「その日だけ」の スポット として働きます。
・クリニックや大きい病院で「一定期間」同じ場所で 定期的 に働きます。

給料の単価はスポットの方が多く、常勤よりも多いことがほとんどですが自分にマッチしている科や時間帯などの条件を合わせないといけません。またスポットであれば直近のスケジュールから空いてる時間を埋める副業的な働き方が医師バイトでも可能です。

定期的に働くと安定的な収入が期待でき、常勤雇用へのステップアップや専門分野の知識をつけることが医師バイトでも容易にできます。スポット勤務、定期的勤務どちらにしても募集条件をしっかり検討した上で契約を確認して自分にマッチした働き方を見つけてみましょう。

医師バイトなら人気の皮膚科で

医師バイトを探す人が望む勤務条件の多くは、時間の融通が利き、緊迫した状況や、夜間の対応を頼まれないことです。産後明けで常勤への復帰を目指すママさん医師も増え、比較的フレキシブルな勤務が可能な皮膚科や美容クリニックの医師バイトが人気になっています。

皮膚科専門医の資格を取得している医師もそうでない医師も、高時給で働けるために、需要も供給も高まっています。人気の勤務先や好条件なものは、非公開求人とされている場合もあるので、個人で探すよりもエージェントを介する方が良い条件で就労できる場合もあるようです。

小児科での医師バイトはどんなもの

小児科は常に忙しく、子供は症状をうまく説明できないので症状で判断しなくてはいけない事もあり、細心の注意が必要です。また発熱やケガでの急患も多く、それは日中・夜間問わない為にオンコールといった事態も頻繁にあることでしょう。

家族を持つ医師にとっては、家庭を厳かにしてしまうリスクが高くなり、続けて医師として働くことが困難なこともあるでしょう。そんなこともあり小児科医師は不足している状況です。医師バイトでもよいので仕事してほしいと思うのが病院側です。アルバイトとは言っても、医師バイトなので金額的には高額となるので、病院側・医師共に満足しているケースが多いのです。

留学する医師に適したバイト

ぜひ留学して海外で学びたいと考えている医師もいるでしょう。留学の前後はブランクができてしまいがちですが、医師としてバイトをする事によって、ブランクの期間を短くできる事もあるでしょう。

特に数日程度のバイトであれば、負担にならない事もあるでしょう。医師として留学先で学ぶのはもちろんですが、バイト先でも学べる事は多いでしょう。医師として常勤の仕事をするとなかなかバイトをする機会がないという事もある様です。

そのため、留学をするという医師は、ぜひこの機会にバイトにも取り組んでみてはどうでしょうか。渡航前に、可能な範囲で学べる事は最大限に勉強を行っておくのもいいかと思われます。

遠方から通う医師のバイト

医療機関に通勤するには少し遠いが医師としてバイトをしたいという事もあるでしょう。まず医師は遠方の医療機関でバイトをするために通勤できるかどうかという事を検討する必要があります。

また、医師にとって問題なくても、医療機関がバイトの交通費を支給しないといけない事もありますので、近くに暮らす医師を採用するというケースも考えられます。また、医療機関によってはバイトの医師に対しても、交通費をしっかりと支給してくれる事もある様です。もし、どうしても応募したいと思われるバイトが見つかった場合には、諦めるのではなく、問い合わせをしてみたり、もしくは応募をしてみるのもいいかと思われます。

内科の医師バイトの倍率について

病院の勤務医がアルバイト先を探すときには、医師専門の求人サイトを活用して、医師バイト情報を紹介してもらうのが一般的です。診療科別に仕事を紹介してもらうことも可能であり、内科医が仕事を探すときには、クリニックや病院などの規模別に適職を見つけることもできます。

また日給が高くてゆったりとした環境の医師バイトは倍率が高く、1名から2名程度の募集に対して、5倍以上の人たちが応募するケースも多いです。一方で救急病院などの当直の仕事の場合には、倍率が比較的低いので、初めてアルバイトを探す人でも応募しやすいです。また働きやすさを重視しながら応募倍率の低いアルバイトの情報を紹介してもらうには、医師求人サイトのコンサルタントのサポートが不可欠です。

コンサルタントは常に最新の求人情報の収集に取り組んでいるので、すぐに好条件の仕事を紹介してもらえます。その中には勤務医の学会出席などによる欠員募集の仕事もあり、1回限りのスポットでも応募できるのが特徴的です。一方で週1回の割合で定期的に働ける仕事は倍率が高いので、応募時にはこれまでのキャリアをアピールすることも重要です。学会発表の実績や職歴を丁寧に説明することが、良い条件の医療機関で働くためのポイントです。

勤務医が医師バイトを行う理由とは

勤務医の人はなぜ通常の勤務の他にも医師バイトを入れるのでしょうか。ずっと同じ病院で決まった時間に働いていた方が快適な感じがしてしまいます。理由の一つはやはりお給料です。

外科バイトと呼ばれる通常勤務と同じ時間働くスタイルの場合には時給が1万円から高い所であれば1.5万円という所があり、週1回のバイトでも10から30万円稼ぐことができます。通常のお給料に最大で30万円プラスになるというのは家族がいる医師にとっては見逃せません。またいつもの環境とは異なる様々な病院で、沢山の患者さんと触れ合うことによって自分のスキルアップにもつながるためです。

自分で見つけられる医師バイト

医師バイトを希望しても、どのように探し出せば良いのか分からないという方も多いことでしょう。医師アルバイト紹介サービスは、インターネット上でも幅広く展開されており、アルバイト求人選びに役立つコンテンツが豊富に盛り込まれています。

求人情報の閲覧だけでなく、働き方をカスタマイズするための知識、さらに履歴書の書き方や応募に至るまでのアドバイスを受けられるサポート環境も整えられています。医師バイトの求人活動に関する悩みを相談できる無料サービスも充実している場合が多く、医師としての資格を持つ方にとって、他の業種と同じように数多くの情報から選べます。

医師アルバイト情報に関する記事

トップへ戻る